電子的漫画倶楽部

なると帝国です。ニコニコなどでマンガを書いております.https://twitter.com/narutoteikoku

残念勇者とモンスター188話無事完成しました。

f:id:naruton2018:20181213200614j:plain

拙作、「残念勇者とモンスター」の188話が今回も無事完成しました(いえーい)

これから少しお休みして電子コミックの作業に入ることになります。ちなみに表紙をデザイナーの方に頼むと5%ほど天引きされてしまうようなので何とか自力で試しにやってみようかと思います。

 

しかし困ったことに、ブログの方はネタがどん詰まってきたんだよなあ(+_+)雑記で乗り切れるかと思っていたのに、たった2カ月で弾切れとはちと情けないんじゃよー(神聖モテモテ王国のファーザー風)

他の人みたいに特化系に切り替えたほうがやぱいいんだろうなあ…

 

人工知能に4コマまんがが描けるのか??

f:id:naruton2018:20181208220437j:plain

12月3日の朝日新聞の記事なのですが、朝日の夕刊で連載中の、しりあがり寿氏の「地球防衛家のヒトビト」の過去ネタをAIに読み込ませて新作を作れないか研究しているんだそうです。

実際に過去の掲載作の情報を分割して物語のパターンを分析させて、そこからデータを蓄積させていった上で新作(のようなもの)を作ろうとするんだそうです。ただAIには「面白さ」というものがわからないのでそこを追求する段階には遠く及ばないようで。

f:id:naruton2018:20181209123339j:plain

ちょっと自分はプログラムに関しては門外漢ですけど、こんな感じで手動で入力しているみたいですね。

f:id:naruton2018:20181208220507j:plain

来年3月までには掲載作の全部のリーディングを終わらせたうえで、どう新作をつくるのか検討するようです。

 

AIの創作に関しては過去に書いたこの記事の中で

www.narutoteikoku.com

人工知能に星新一氏の遺した短編小説を読みこませて新作を作りだすという企画

やっていることを紹介しましたけど

www.fun.ac.jp

 AIてのは基本人間が作った過去の作品群の中のものを組み合わせていくだけで、斬新な独自の切り口の作品を作りだす段階にはまだ来てないって事なんですかね。そういう意味では真のAI作家登場はまだ先の話なのかもしれないなあ。

 

 …とここでこの記事を締めようかと思ったんですが

一応試しに検索してみたら、なんとこんなん出ました。

f:id:naruton2018:20181209155924j:plain

f:id:naruton2018:20181209160229j:plain

あいにく自分iPhoneもiPadも持ってないんで使えないんですが、ここに書いてあるユーザーの趣向にあった4コマをオーダーメイドみたいな感じで作るようになるとかって言うのが本格的に運用されたら、作家まじでやばくないすか…((((;;OдO;lll))))ガタガタ; ガタガタ

 

 

 

 

 

 


漫画・コミックランキング

まんが配信代行会社で電子書籍コミックを出してもらえそうです。

 

www.narutoteikoku.com

このブログでも以前紹介した、電子コミック配信代行業者NO9の方とお話しして、拙作「残念勇者とモンスター」を電子コミック本化して配信頂けることになりました(^^

よって1か月後までに表紙絵などを描かねばなりません…

f:id:naruton2018:20181206185712j:plain

 

seiga.nicovideo.jp

NO9さんは一つの作品をおよそ200社のデジタルまんが配信サイトに拡散することができるようなので、今まで自力で色んな投稿サイトに上げてもせいぜい7つくらいが限度だったのが、これで一気に拡げられそうです。

 

no9.co.jp

もしオリジナルまんがを描きためてたり、お蔵入りさせている人がいたら、このNO9さんに連絡すれば今なら電子コミック化のチャンスだと思いますよ。

 


創作漫画ランキング

Fotorという高性能画像編集ソフトを使ってみた。

www.fotor.com

 

少し前にFotorという高性能画像編集ソフトを1年間契約で入手したので使ってみました。使う素材は以前より当ブログで進捗を伝え先日やっと完成した自分のまんが

「残念勇者とモンスター」のTwitterやPIXIVFANBOX用に作った横長イラストです。

加工前の絵(CLIPSTUDIOで描いたもの)

 

f:id:naruton2018:20181206185555j:plain

これがFotorのトップ画面。既にアカウントを作ってあるのでログインします。

f:id:naruton2018:20181206185438j:plain

マイページから「編集」を選んだのち、「開く」から自分のコンピュータにある画像をアップロードしました。

f:id:naruton2018:20181206185448j:plain

画像の左側を見ればわかるように、扱えるツールが非常に多岐にわたるのでここでは試しに自分が使ったツールだけお見せします。

先ずは「効果」を選び、RETROというツールを選んでみたところ画面全体のカラーを調整できるようなので、WARMというので画像全体を暖色気味にしてみました。

f:id:naruton2018:20181206185504j:plain

次に「基本的な調整」を選び「基本的な機能」で「明るさ」と「コントラスト」を盛ってみました。

f:id:naruton2018:20181206185515j:plain

次に「ビネット」という機能を使ってコントラストをよりくっきり鮮明に。他にもビネットでは赤系や青系の色のトーンにすることもできます。

f:id:naruton2018:20181206185526j:plain

ついでに「美肌」というモードがあったので試しに使ってみたところ、ピンポイントでキャラの肌色をより濃い感じにできました(この機能面白いよ)

f:id:naruton2018:20181206185540j:plain

加工を施した完成品です。色が全体的な柔らかくなったうえにコントラストも明確になり、キャラの血色もよくなり艶が増したような気がします。

f:id:naruton2018:20181206185712j:plain

ここで試したのは昨日のほんの一部です。おそらくほかにもいろいろ組み合わさればもっと違う雰囲気に画像を加工できると思います。今なら一週間無料(2018年12月現在)なので、興味のある方はいかがでしょうか

 

・どうやってこのFotorの事を知り入手したの?

実はこのソフト、私はある方から一年間無料で使える権利を特別に頂いて使っているのです。それはこれから紹介するこのサイトを利用したからです。(Fotorに関してはこのサイトではもう入手できませんのであしからずm(__)m

f:id:naruton2018:20181206185730j:plain

それはこの「じぶんコイン」というサイトです。(じぶん銀行とは全く関係ないです)

crypto-app.tokyo

 

 唐突に変な名前のサイトを出してきたので「何それ、何かやばい変なサイトじゃないの!?」と思った方もいるかも知れません。(勿論全く問題ない健全なサイトなのですが)ですがまああくまで興味のある方だけこの先をお読みください。

f:id:naruton2018:20181207163317j:plain

 

 興味のある方、ようこそいらっしゃいました。まずはTwitterアカウントをお持ちであるならそのままログインしてください。必要なのはTwitterアカウントのみで結構です。

住所氏名、カード番号などは一切必要ありませんし、この先でも要求される事は基本的に一切ありません。

 

f:id:naruton2018:20181206185752j:plain

そうするとこのような画面(実際は他にも色んなアイコンが画面にはあるのですが初心者はスルーしてまずはここに注目してください)

そうすると自分のフォロワー数に応じた貴方用のコインが無料で提供されます。コインとは言っても当然金銭的価値は一切ありません。ですが貴方用のコインの数が多く流通し、他のユーザーたちに多く保持してもらえるとこのサイトの中での貴方のアドバンテージが上がるという仕組みとルールになってます。

(この画面の中のヌードルとは枚を自分で勝手に言い換えたものです。正確このサイトの中で私のコインの総流通量が5911枚有り、そのうち2333枚を私が持っているという事を意味します。自分はすでにヘビーユーザーなのでこれだけすでにサイト内にあるという事です)

f:id:naruton2018:20181206185825j:plain

このサイトに参加し、自分のアドバンテージを上げたいと思ったらまず下までスクロールバーを動かし、ここに貴方がほかのユーザーに提供できる価値を書き込みましょう。

f:id:naruton2018:20181206190351j:plain

「えっ? いきなり自分の価値を教えてくれだって!? 何言ってんだよわけわかんないよ!」と戸惑う方もおられるでしょう。なのでここは…

f:id:naruton2018:20181206190433j:plain

にしました。これなら一番手間もコストもかからず、誰でも提供できるものですからこの位でも十分です。ちなみに要求する枚数は自分で勝手に決められます。(あんまり多く要求しすぎると嫌われるかも)

ここまで見ても正直何のことやらよくわからない方もおられると思いますw

ですがあえてこのまま先に進めさせていただきます。m(__)m

 

そしたらまたこの画面までもどって、エアドロップ開始です。エアドロップにより無料で貴方や他の方のコインを増やすことができます(まさに賢者の石!)コイン石×5というのは一回に5人のユーザーのコインをエアドロップできるという意味です。キッカリ1時間経過するとまた5に戻るのでまた5人分できるようになります。(5以上にはなりません)

 

 

f:id:naruton2018:20181206185752j:plain

 

ボタンをクリックするとこのような画面になり入手したコインの数と累積コイン数が教示されます。1位というのはこのサイトの中で一番なるとコインを持っているのが私自身であるという意味です。出てくるコインの数は全くのランダムですが

1枚から9枚・10枚・100枚・1500枚のどれかとなっております。

f:id:naruton2018:20181206190447j:plain

 

このエアドロップを繰り返すことで私はこのRMさんのコインを集めて、提供する価値の中にあったFotorを指定された枚数と交換したというわけです。

(残念ながらRMさんは現在じぶんコインを休止されております)

 

f:id:naruton2018:20181206190517j:plain

 

勿論他の方が先に書いた貴方の価値を欲しいと思って要求した枚数を提供してくれた場合、そこは素直に応じて提供してあげましょう。それが一応このサイトの掟なので。

以上が一番オーソドックスなこのじぶんコインの使用法となります。他にも色んな機能がありますが、とりえあえずこれだけ把握しておけば使えます。

他にも自分の作品の事をブログで紹介したり広告したりしてくれる方や、豪華な景品を提供してくれる方もいらっしゃいます。ただし要求されたコイン枚数を提供しても一向に何もしてくれない方もいますがね…(´・ω・`)

今後も他の方から何か提供をしてもらえたらこのブログで紹介します。

 

とは言え「最後まで読んでもやっぱりわからん!」という方、安心してください。

私も始めてひと月くらいは何をやってんのかよく理解できてませんでした(+_+)が、何となく何度もサイトを巡回していくうちに分かってきた程度の感じですので…

 







 

ステッカーデザインコンテストに参加してみました。

色んなデザイナーの描いたイラストをステッカーにしてAmazonなどで販売している「フリースタイルクリエーション」という所と、ネット上で知り合ったアーティストの「モッコメリアン」という方が合同で企画した、参加100人のステッカーデザインコンテストというのに自分も参加させて頂きました。

twitter.com

note.mu

自分はそのモッコメリアンさんからお誘いのお声を頂いたわけですが、恥ずかしながらイラスト好きな自分でも、このステッカーというジャンルをほとんど認知しておりませんでした。

それで色々見て、インモラル的なのからホラー的なものだけでなくてカワイイ系や萌え系まで色んなデザインが有ったことを改めて知りました。

 

f:id:naruton2018:20181201190316j:plain

 なお自分の描いたのはこんな感じ。上手くいくといいんやけどなあ…

(とりあえず参加した全作品はキンドル上のカタログに載せてもらえる様なので、

全く無駄になることはないので安心しました)

残念勇者とモンスター第187話完成しました。

f:id:naruton2018:20181129202119j:plain

隔週木曜日にニコニコなどにアップしている残念勇者とモンスター第187話を、今回も無事完成させることができました。何はともあれ(自分に)お疲れさまでした。

seiga.nicovideo.jp

 

 

 

 


創作漫画ランキング

名古屋の大須に新しく映画館ができるらしい(^^)

中日新聞からです。来年大須の万松寺通りのあたりに新しくミニシアター系映画館が出来るようです。

f:id:naruton2018:20181127190410j:plain

名古屋市内には以前から

名古屋の駅裏のビックカメラ横のにあるシネマスコーレ

今池の名古屋シネマテーク

東海テレビ横の名演小劇場

の三つの単館系映画館がずっとあったのですが、ここにまた新しく加わることは映画好きとしてはうれしい限り。また月一回「映画無料の日」を設けるとか。これは今から楽しみですね。。


映画評論・レビューランキング